2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

予約が入ったので、3月5日(月)は
貸切になりました。

スポンサーサイト

| お知らせ | 08:09 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

リバース

書こうかやめとこうか迷ったけど、
やっぱり書こうと思います。

2月17日(土)のことです。
その日はお客さんが一組だけでした。
何回か来てくださってる人達で、わざわざ雨の中
また飲みに来てくれはりました。
いい感じに飲みはる、見てて気持ちいい人達です。

Fさんは来る前からすでに結構酔ってはりました。
連れの方に、
「あんまり飲みすぎるとまたリバースするよ!」
って何回も言われてました。
飲みすぎると結構やっちゃうみたいで、
それが原因でいくつか行けなくなってしまった
店があるそうでした。

何杯か飲んだ後はお水に替えはったけど、
だいぶ調子が悪くなったようです。
うずくまるFさん。
外の冷たい風にあてて少し酔いをさまそうと、
連れの方に連れられて店を後にされました。

僕はテーブルの上のグラスや皿を少し片付けて、
雨だし23時近いし、「もうお客さんは来ないだろうな」
と思い1Fのアルテ館前に出している看板を
片付けに行こうと店を出ました。

いつもと同じようにトントントンと階段を
下りようとした瞬間・・・

目の前にあったのは、爆弾で投下されたように
広範囲に巻き散らかされたリバースたち!
階段途中にある踊り場から2Fにいたるまで、
至るところアレまみれです。

「・・・全部出したのね(^_^;)」

アルテ館は僕の店以外全て営業を終了してて、
2Fの美容室Leeさんの従業員さんが数名残ってるだけでした。
僕がせっせと掃除してると、残ってはったうちの女の子が
ゴム手とバケツを持ってきて手伝ってくれました。
ほんとにありがとうございました_(._.)_

結局1時間半ほどかかって掃除を終え、
それから店じまい。
帰る前にもう一度階段の上から水を流しながら、
「すごかったな~」ってなんか笑ってしまいました。

連絡先も知らないし、このまま書かずにいたら
もう二度と来てくれないやろなと思って書きました。

Fさんとおねえさん、1ミリも怒ったりしてないので、
気にせずまた来てくださいね。

| 未分類 | 10:59 | comments(4) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

三連休(19,20,21)のお知らせ

店が入っているアルテ館の改装工事のため、
2月19、20、21日と休みになります。

18日の遅くから、足場を作ったりなんやかんやと
工事の準備をするみたいなので、18日(日)は
22時くらいに切り上げてくれる?と言われました。
ということで、いつもよりちょっと早く店を閉めます。

もともと日数の少ない2月に3連休は痛いけど、
「久しぶりにゆっくりできるかな?」
とか思ってました。 けど、そういえば確定申告の
入力作業がまだまだやった・・・
3日間で終わるんやろうか?

| 未分類 | 10:44 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Qualite/Prix なワイン3



イタリア、コンティゼッカのカンタルピ。
(ネグロアマーロ80%、マルヴァジア・ネーラ20%)

美味しい・・・(TpT)
リストに加えたいワインが多すぎて困ります。

もうちょっと売上が増えたら是非リストに加えたいワインです。

| ワインのこと | 12:11 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Qualite/Prix なワイン2



フランスの大ネゴシアン、ルイ・ラトゥールの
アルデッシュです。
シャルドネ100%、ステンレスタンクで熟成しているのに
樽熟のようなリッチな感じがします。
コストパフォーマンスの高いワインです。
(ぼちぼちワインリストに加えるつもりです。)

今(2007)の売値は1400円くらいかな?
ユーロ高のせいもあってか、年々ヨーロッパのワインが
値上がってます・・・(:_;)。

アルデッシュも美味しいですが、ひとつランクが上の
グラン・タルデッシュ(Grand Ardeche)もかなり美味しいです。

| ワインのこと | 13:18 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

Qualite/Prix なワイン

「Qualite/Prix」(e の上にアクセントがつきます)は、
カリテ・プリ(コストパフォーマンス)のことです。



フランス、コート・デュ・ローヌのドメーヌ・ペリリエールです。
ワインリストには載せていないけど、たまに置いてあります。

フランスではカルフールという大型スーパーに置いてあって、
毎週一本は飲んでいたワインです。
ほんとによく飲みました・・・。
このワイン、できるだけ自然な状態で造られているからか
(ほぼ有機栽培・無農薬)、1本がぶがぶって飲んでも
朝に酔いが残りませんでした。

5ユーロで売ってたけど、日本では1500円~1700円くらいします。
それでもコストパフォーマンスは高いって言えるワインだと
思います。

ろ過してないのでブドウ本来の甘み・旨みを強く感じ、
スルスルと飲めます。
コストパフォーマンスの高い、よくできたワインです。

| ワインのこと | 09:56 | comments(2) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

レバーペースト



レバーペーストを作っている途中です。
あまり注文されません・・・

血抜きをいっぱいしたあっさりレバーペーストと、
レバーレバーしているコクのあるペースト。
どっちもそれぞれいいので迷ってたけど、
「レバー嫌いな人は頼まないんちゃう?」って
言われました。
「ほんまやなぁ・・・」。

後者のレバーペーストにしてます。

| 未分類 | 09:44 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

試飲会2

試飲会に行ってきました。

店があったので一時間ほどしか試飲できなかったけど、
だいたいは味見できました。

今回一番印象に残ったのが、ドメーヌ・マス・ド・ラヴァイユ
(フランス/ルシィオン地区)のエゴというワイン。

資料を見てみると、グルナッシュ100%。
やっぱり好きです、グルナッシュ。

ラ・パッション・グルナッシュというワインの2003を
飲んだときにも思ったけど、グルナッシュというブドウは
もっと見直されていい品種ですね。
適した土地できちんと造ると(例えばフランスのモーリー)、
ほんとにいいワインを産み出します。


だいぶ前から、試飲は資料を詳しく見ずにしています。
先入観って味見にはほんとに邪魔なので、できるだけ
まっさらで試飲するようにしています。

口に含んでクチュクチュもしてません。
いい舌を持ってないようで、クチュクチュしすぎたら
試飲後半は舌が麻痺してきて、ワインの味もぼんやりとして
わからなくなってくるので・・・。
しかし、あれをしないと味や香りが深く分からないのなら、
あの飲み方してワインを飲まないお客さんはどうなるんやろう?

僕の試飲は第一印象です。
何十種類のワインの中から、口に入れた瞬間に感じる
「ん!?」というなにか(なんでしょう?)で、店で取り扱うか
どうかを決めています。
第1印象が駄目でもどんどん良くなるワインもあるけれど、
そういうワインはだいたい僕の手が出ないお値段やし・・・。

日本酒、焼酎の試飲もできて、焼酎の試飲を始めたところで
帰らないといけない時間に。
名残惜しく帰ってきました。

帰りの電車、お酒臭くてすいませんでした。

| ワインのこと | 10:12 | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

2007年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年03月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。